最近のトラックバック

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

白山(白峰~標高2250m地点)  2019年4月13日(土)

白山(白峰~標高2250m地点)  2019年4月13日(土)

P4130075_1

天気) 快晴 
装備) 山スキーセット、アイゼン、ウィペット、MTB
所要時間) 11時間18分(風嵐ゲート間)
距離) 43.8km
単独

コース)
風嵐ゲート1:35→ 市ノ瀬 → 別当出合4:07~4:20 → 
標高1365m(スキー装着)4:57 → 甚之助避難小屋峰7:24~8:01 →
甚之助避難小屋8:47 → 標高2250m地点9:53~10:19 → 
甚之介避難小屋10:37 → 標高1365m(スキーオフ)11:19 → 
別当出合11:53~12:10 → 風嵐ゲート12:53

Map_2   

 

白山は学生時代からなじみのある山だ。
チャリンコクラブで金沢から自転車で別当出合まで行って、
夜中に登山、真夜中の恐怖の雪渓を踏みしめて、山頂で日の出を見たり、
晩秋に初雪に見舞われ、南竜山荘(避難小屋)に一泊、翌日、新雪の御前峰に登頂など
いろいろな想い出がある。

山スキーを今年から始めたので、かねてから白山に訪問してみたいと考えていた。
冬から春にかけてどのような姿をしているのか?
自分の目で確かめてみよう。
4月13日は晴天の予報だ。
しかし、この時期はまだ白峰の風嵐ゲートは閉じられ一般車は通行できない。
よって、自転車でスキー板を担いで登ることになる。

今回はマウンテンバイクと山スキー道具を車に詰め込んで白峰に向かった。
スタート予定は午前1時だったが、駐車スペースを探すのに時間がかかり
午前1時30分過ぎとなる。空には天の川と夏の星座が鮮やかに見えた。

P4130006  

ザックにストックとスキーを括り付けてゲートをくぐる。
すでに車が数台留められ、先行者がいるようだ。
ゲートから暫くは緩い坂だが、すぐに重荷が腰に負担をかけた。
また、ペダルにトウクリップを付けてきたが、
これが全くの失敗であった。固い兼用靴では樹脂のトウクリップが湾曲して
うまく位置決め出来ない。また、暗い環境でペダルの爪を兼用靴で拾うのは
慣れが必要だ。ヒルクライムなのでスピードが遅くなると止まってしまう。
反省しても切りがないがなんとかペダルを回せるので、誤魔化して進む。
別当出合まで標高差600m。やがて勾配が急になってきた。

市ノ瀬に着くがまだ人気がしない。休憩して自転車を進める。
昔は真っ赤だった鉄橋を渡りヘアピンカーブにかかる。
急勾配で腰が悲鳴を上がる。少し上がっては足を着く。
標高を上げると雪が繋がり始める。
仕舞いには股も居たくなる。固いサドルと慣れない過重が原因だ。
なんとか別当出合に到着。すでに5台ほど自転車が留めてある。
休憩所で一息入れて登山開始。まだ空は暗い。

P4130015

鳥居をくぐり吊り橋を渡る。天板がかかっていたが向う岸の方がまだであった。
両方のワイヤーを握りながら緊張しながら慎重に進む。
吊り橋を渡ると雪の世界が広がる。明瞭なトレースを追って歩き出す。
すぐに急登が始まり、暫く登ると岩の登山道が露出していた。
ここも慎重にこなして乗り切ると平坦地に登り上げる。
ここでスキーをはく。周囲はブナの木々が広がる。
固い雪に薄くパウダーが載っていて、前日も降雪があったようだ。
シールをきかせて標高を稼ぐが、下が固いので早めにクトーを付けた。
やがて林道に出ると右手に別当谷がみえるはず。
林道を進むと広い原野に出てくる。スキーで滑れば最高だろう。
来てよかったと感じた。
先行者のトレースを追いながら標高を稼ぐと、やがて空が明るくなってきた。
広葉樹は針葉樹に変わてきた。とりあえず甚之助避難小屋を目指す。

P4130051

西の方の山々が赤くなり、展望も広がってきた。特に、西方に福井市の
市街を眺められた。
甚之助避難小屋は屋根が少し出ている程度。雪が多い証拠。
写真を撮り先に進む。
エコーライン分岐で右に折れるつもりだったが、甚之助避難小屋の上部の平原は
固い雪が中心。上にいくとさらに勾配が増してきた。切り返しなど危険と判断し、
どうするか考えた。先行者のトレースは、甚之助避難小屋辺りから右の稜線に入っていた。
アイゼンの登山者のトレースは真っすぐ登っていた。
固い斜面はこなしきれないと判断し、一旦下り、先行者の山スキーのトレースを追う。
滑走モードにして甚之助避難小屋まで下る。
その後、シールとクトーをセットして東側の稜線をトラバース気味に登る。
実際には氷が露出していたので慎重に突破。
稜線に乗り上げる最後の一歩が急な氷斜面で手こずった。

P4130069

この辺からは別山の稜線が素晴らしい眺めだ。
やがて、エコーライン、南竜山荘など見え、遠く御岳、乗鞍も姿を現す。
日光が当たり氷がザラメになりだす。
ここから稜線を詰めると弥陀ヶ原だ。
向かって右手、東側には木々が一つない斜面となる。
今日は会社行事が晩にあるので、午前10時をリミットにした。
稜線を詰めると再び氷の斜面が多くなってきた。
遠く御前峰が見えだしたところで標高2250mの小さな丘があり、ここまでとした。
あと少し進めば弥陀ヶ原だが、仕方ない。

P4130096

この日は山岳会の先輩パーティーが東面台地から登り上げる計画も
あったが、戻ることしよう。

水分と栄養補給をして滑りだす。
まずは甚之助避難小屋を目指す。稜線から避難小屋上部の平原に出るための入口を目指す。
GPSで慎重にポイント確認。
その地点から林間のパウダーだが急斜面でまだ固い斜面も出てくるので
横滑りでゆっくり標高を落とす。目標の平原が見えてくるとトラバース気味に斜滑降で
滑る。エコーラインの分岐点辺りに出てきたら甚之助避難小屋が真下に小さく見える。
さっきの苦戦させられた斜面を下る。固いところもあるがゆっくり滑れば問題なし。
プチパウダーもあってすぐに甚之助避難小屋に到着。
山スキーヤー一名と少し話して情報交換。

P4130060   

この辺から固い雪が緩み始め、快適な林間スキーを楽しんだ。
時々、写真を撮ったり、GPSで位置確認しながら登りのトレースを外さないように心掛けた。
林道まで実に快適。この辺で2名のスキーヤーが抜いて行った。
地獄軍団の2名であった。

P4130116

林道辺りから雪が腐り始め、板が曲がらなくなった。
さらに、ブナの木々がエリアを狭めたので、ゆっくりと進む。GPSで方向確認しながら下る。
暑くなってきた。スキーを履いた地点に戻り、ここで脱ぐことにした。
ザックに縛り、ツボ足で急坂を下る。初めての体験で慣れるのに時間がかかる。
とにかく慎重に下る。スキーの先端が雪面に接触することがあり、気を付けながら歩く。
吊り橋の走行は安定してスムーズであった。

P4130126

別当出合で休憩、水分補給してマウンテンバイクにまたがる。
下りはあっという間であった。風でスキーが煽られバランスが取れないときがあった。
タイヤのリム鳴りがひどく、帰ってから対策しよう。股も痛い。何とかしなければ。

P4130133

風嵐ゲートに無事到着。ピークに届かなかったが、スキーの機動力を体感でき、
満足の山行であった。


ヤマレコ) https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1792556.html

食料)
ポカリスエット 500ml
ゼリー 3個
おにぎり 1個
粒クリームパン 2個
ホットコーヒー  300ml
水 300ml

金剛堂山 百瀬川源流域周回  2019年3月23日(土)

 

P3230164

天気) 雪のち曇 
装備) 冬山縦走装備、アイゼン、ウィペット 
所要時間)11時間20分
距離) 26㎞
単独

スノーバレー利賀駐車場2:15→ 林道から取り付き3:05→ 
稜線3:53→ 標高1165m峰4:23→ 標高1411峰6:07→
東俣峠8:47 → 奥金剛11:01 → 中金剛11:21 → 
前金剛11:36 → 片折岳12:26 → スノーバレー利賀13:34

Map

 New

 


この冬は、下界の用事が多く、また、山スキーの練習に時間を
費やしていたので稜線歩きに出る機会が全くなかった。
久しぶりに体を使わないと雪が無くなってしまうので、
封印していたスノーシューを取り出すことにした。
本来であれば、山スキーを使うのであるが、今回の予定のコースは
アップダウンが多そうなのでスノーシューで踏破することにした。
目指す場所は、金剛堂山の南側、百瀬川の源流域。
金剛堂山は栃谷登山口、竜口登山口、八尾側などに登山道があるが、
登ったコースを往復するのが一般的だ。
東俣峠コースで周回する夏道ルートもあるが冬期は百瀬川沿いの林道を
歩く人は皆無だ。
年に一つくらい新しいコースを開拓することが楽しみとなっているので、
かねてから百瀬川左岸の稜線から東俣峠を通過し、金剛堂山を超えて
周回する冬季限定ルートを開拓するために車を利賀へ走らせた。

スノーバレー利賀の駐車場から歩き出す。百瀬川を渡ると車止めがある。
林道を遡るとすぐに除雪終了地点だった。
小雪が舞う中、雪道となる。真っ暗で静かな雪道だ。
稜線への取り付きは利賀天空トレイルのコースを利用するので、
入口まで黙々と歩く。
時々、水流で地面が出ている。西側の山の斜面からの落石もある。
GPSで確認し取り付き点を探す。少し戻ったところから登り出すが、
いきなり雪の壁でウィペットを指しながら乗り上げる。
そこから雪が積もった小道が上に伸びていた。暫くあるくとトラバースを
要する斜面が出現。
アイゼンを付けて進もうとするが雪が薄く崩れそう。
ここでトレランコースを諦め直登。雪面を選びながら木の枝に捕まったり
ウィペットで固定しながら三転確保で登る。標高900mを超えると雪が完全に
つながり勾配も緩くなる。やがて、稜線に至る。

P3230031
序盤はウィペットが大活躍)

相変わらず雪が舞うが風はない。標高1165m峰まで長い坂が続く。
ジグザグに進む。
標高1165m峰から暫くアップダウンが続く。闇夜の樹氷が見事だが、
それしかない。
稜線は明瞭だがたまに方向転換することがあり、よく方向を確認して進む。
東の金剛堂山はガスの中だ。
標高1160m峰を超えると稜線は真西に方向を転ずるので注意。

P3230047
稜線上の真夜中の樹氷)

標高1411峰への長い上りの途中で夜が明けてきた。
標高1411峰まで稜線は道のようになっていて明瞭。

P3230067
標高1411m峰 平原だ)

ここを過ぎると小さなアップダウンが連続する。
細かな尾根も出てくるので現地判断で歩を進める。
夜明けとともにややガスがでる場面もあったが遠くが
見えるようになってきた。

P3230070
次々とアップダウンが出てくる)

標高1430峰手前に急な坂があり西へ避けるが道を
間違える可能性があり、稜線へ登って戻る。
ここを下ると林道の末端だ。東俣峠まで林道を利用しよう。
アイゼンはずっと着けっぱなし。
標高1400m前後のアップダウンは続く。林道がトラバース気味に
なると稜線に出て通過する。
標高1432m峰を通過すると東俣峠への緩い下りになる。
途中、大きな中継局があった。
ようやく東俣峠に到着。ここで休憩を取りパンなど口にする。

P3230106
東俣峠いようやく着いた)

午後から天気が崩れそうなので早めに切り上げて金剛堂山に登り返す。
まずは林道の緩い上りをこなす。ここからは標高差はないが距離が長い。

P3230112
白山を望む)

通過にもそれなりの時間がかかる。
標高1500mを近くなると樹林帯を抜けてきた。
この辺りから稜線を一望できる。このコースで最も好きなところだ。
南側は飛騨古川方面を眺めることができた。

P3230142
飛騨古川方面が見える)

少し日差しが出てきて北アルプスも少しだけ雲間から姿を現した。
標高1600mを超える。

P3230134
白く続く稜線 ここが最も好きな風景)

ようやく奥金剛についた。
なだらかな丘のようでピークは良く分からない。
山スキーのトレースがあった。
ヤマレコでmacoさんのものと後から分かった。
中金剛を近くに眺められるが、ピークに人影が認められた。
スキーのトレースに従って中金剛まで進む。
最後のピーク手前の坂は疲れが出た。
中金剛では四人組が昼食中。写真だけとって前金剛へ向かう。
中金剛の標高が最も高い。
歌碑のある丘はすぐそこ。表面に氷が張って文字は読めない。
前金剛も予想より早く到着。先行者が下ったばかりで誰もいない。
白木峰や北方稜線が良く見える。
ここでドリンクを飲み、下りに備える。疲労感はあまりない。
あとは片折岳の登り返しだけだ。
下ってすぐに指が冷え切ったのでグローブ交換。
北風とウィペットの影響で温度が下がったのだろう。
雪庇の発達も少なく、割れ目もあまり目立たなかった。
ここもアイゼンで下ったので足先が痛くなってきた。
時間が短く感じた。片折岳の登り返しも何とかこなし、
写真だけですぐに下山。
途中でアイゼンを外すと足が軽い。
最後の急な下りも慎重にこなして駐車場に戻った。

11時間あまり要して疲れたが、新コースを踏破出来て良かった。
天竺温泉に浸かり、帰途に就く。

写真などは、ヤマレコ 参照ください。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1766556.html

食料)
 おにぎり 1個
 ランチパック
 カレーパン(半分)
 ゼリー 2
 ソーセージ 1本
 カロリーメイト
 テルモス 500㏄
 ポカリスエット 500cc
 水 200㏄

 

 

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ