最近のトラックバック

« 六谷山(1397m) 新緑の長棟林道・茂住林道をMTBで繋ぎ周回 2020年05月30日(土) | トップページ | 朝日岳(標高2418m)小川温泉よりチャリでアプローチ »

大辻山(1361m) チャリで麓から上り登山して林道周回  2020年06月07日(日)

P6070026_20200629113901

単独
天候:曇
装備:ロードレーサー+日帰り登山装備
走行距離:49.1㎞
活動時間:5時間14分(4時間52分 休憩22分)

コースタイム: ※鳥越峠~大辻山間は登山
上市丸山運動公園 9:23 → 11:27~11:33 鳥越峠 → 
12:36~12:42 大辻山 → 13:34~13:42 鳥越峠 → 
14:23 東種 → 14:37 ゴール

Map_20200629113101

Map2_20200629113101

New_20200629113101

コース状況:
林道茨谷線、大辻山林道はオール舗装。ロードの細いタイヤでも問題なし。
大辻山北尾根コースは長尾コースと同じくらい手入れされ危険個所は無い。
人も少なく登りやすい。水場なし。
スタートは上市の丸山運動公園駐車場を利用。ここからロードレーサーで白岩川ダム横を通過、長倉より林道茨谷線を上がる。
大辻山林道に出て鳥越峠へ。ここから登山、大辻山北尾根コースをピストン。
帰りは大辻山林道を上市側に下り、上市川第二ダム、東種経由で戻る。


今日もなるべく人が少なく、トレーニングできるコース取りとしよう。
普通の山でも麓からチャリで上がり登山をミックスすると
それなりの負荷をかけることができる。
今回のコースは過去に走った経験があり、舗装路が主体でロードレーサを使えるので
ありがたい(大辻山北尾根コースは初めて)。

この日は朝の町内行事を済ませてから出かけた。
遅い時間帯になったので車にチャリ(ロードレーサー)を積み込んで郊外まで移動する
ことにした。
スタート地点は上市の丸山運動公園を選んだ。
天候は平野部は晴れているが山間部は雲が垂れ込めている。
初めて訪れたが広々として気持ちのいい公園だ。

P6070002
立派な駐車場でした。

まずは公園からスーパー農道まで緩やかな坂を下る。
白岩川とクロスする地点から白岩川ダムに向かう。
ダムの手前から上りとなり、日差しで暑くなる。
白岩川ダムで小休止。

P6070008
白岩川ダムにて。晴れ間が広がり暑くなってきた。

さらに川を遡り、伊勢谷を過ぎると狭く杉木立の中を上がる。
長尾手前で林道茨谷線に入る。通行止めの標識があったが工事区間などは無かった。

P6070014
林道茨谷線に突入 車にはめったに合わない。

しばらくフラットな区間が続き、橋を渡ると勾配が増してくる。
先週ほど腰が痛くないのでペダルが軽く感じる。気のせいだろうか?
この林道は大辻山林道よりも登りやすく、対向車が少ない(この日は一台のみ)。
中盤のきつい区間をこなし左手に塔倉山の山並みが視界に入ると勾配は若干緩くなる。
山間部は雲が掛かり、大辻山の山頂はガスの中だ。

P6070019
標高が高いところはガス気味。

北斜面で日差しが少なく、虫もいなかった。水場は長倉を過ぎてから数か所。
やがて、大辻山林道との合流点に出て、
ここを左折して、しばらく進むと鳥越峠に到着。

P6070022
大辻山林道と合流。左折する。

峠には車が一台。高峰山登山だろう。
ここで靴を履き替え、登山開始。

P6070024
久しぶりの鳥越峠。

大辻山北尾根コースの入口は草が生い茂っていたが、すぐに良い道となった。

P6070032
アップダウン気味で快適。

登山道は、思った以上に手入れがされ、人出が少ない。
しばらくはブナの木立の中を進み、小さなアップダウンが続く。
日差しが無い分、展望は利かない。
立山杉が現れると少しずつ高度が上がる。

P6070035

ブナと立山杉

やがて、5番看板が杉に固定されている。
ここには下から道が合流している。

P6070037


進むにつれて、7番、8番看板が出てくる。
8番看板を過ぎるとガスが出てきて風が冷たい。幻想な雰囲気だ。
9番看板のところで本コースと合流。頂上まであとわずか。

P6070052
長尾峠からの登山道と合流。人が増える。

脚の調子は良く、山頂までガツガツ上る。
結構急な坂を登り、10番看板の小さな広場を過ぎる。
この間、昼過ぎでたくさんの登山者とスライド。
こんなはずじゃなかったが仕方がない。さすが、人気の大辻山だ。
12時36分、山頂到着。立山方面はガスの中。何も見えない。
峠から一時間ちょっとでした。
2名がランチタイム中。こちらは行動食のみなので早めに下山。

P6070060

P6070062
展望なしで早めに下山。

峠まで戻ります。下りは早い。久しぶりにスピーディーに下ることができた。

P6070069
霧で幻想的。峠まで下るとクリア。

中盤のアップダウンを無難にこなして峠に無事に降りる。

P6070076
峠までもう少し。後方は高峰山。

P6070079


ここでまたシューズを履き替え、ロードで上市川へ下る。

P6070082
これから下る方角。寒い。

新緑の林道を順調に下る。一台もすれ違わなかった。
千石城山の山並みが近づき、ダム湖が見えたところで写真を撮り湖畔沿いに走る。

P6070090
ようやく人里まで来た。

上市川第二ダムを渡り東種まで少し登り返して、さらに走りやすいダウンヒルを
堪能する。

P6070092
ここを渡って東種へ

P6070093 
ダムから川上方向を振り返る。

天候と眺めはイマイチだったが、ダイナミックな山行でいいトレーニングになった。
ゼリーとスポーツドリンクだけの省エネモードでした。

 

« 六谷山(1397m) 新緑の長棟林道・茂住林道をMTBで繋ぎ周回 2020年05月30日(土) | トップページ | 朝日岳(標高2418m)小川温泉よりチャリでアプローチ »

登山」カテゴリの記事

ロードレーサー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 六谷山(1397m) 新緑の長棟林道・茂住林道をMTBで繋ぎ周回 2020年05月30日(土) | トップページ | 朝日岳(標高2418m)小川温泉よりチャリでアプローチ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ