最近のトラックバック

マウンテンバイク

白山(白峰~標高2250m地点)  2019年4月13日(土)

白山(白峰~標高2250m地点)  2019年4月13日(土)

P4130075_1

天気) 快晴 
装備) 山スキーセット、アイゼン、ウィペット、MTB
所要時間) 11時間18分(風嵐ゲート間)
距離) 43.8km
単独

コース)
風嵐ゲート1:35→ 市ノ瀬 → 別当出合4:07~4:20 → 
標高1365m(スキー装着)4:57 → 甚之助避難小屋峰7:24~8:01 →
甚之助避難小屋8:47 → 標高2250m地点9:53~10:19 → 
甚之介避難小屋10:37 → 標高1365m(スキーオフ)11:19 → 
別当出合11:53~12:10 → 風嵐ゲート12:53

Map_2   

 

白山は学生時代からなじみのある山だ。
チャリンコクラブで金沢から自転車で別当出合まで行って、
夜中に登山、真夜中の恐怖の雪渓を踏みしめて、山頂で日の出を見たり、
晩秋に初雪に見舞われ、南竜山荘(避難小屋)に一泊、翌日、新雪の御前峰に登頂など
いろいろな想い出がある。

山スキーを今年から始めたので、かねてから白山に訪問してみたいと考えていた。
冬から春にかけてどのような姿をしているのか?
自分の目で確かめてみよう。
4月13日は晴天の予報だ。
しかし、この時期はまだ白峰の風嵐ゲートは閉じられ一般車は通行できない。
よって、自転車でスキー板を担いで登ることになる。

今回はマウンテンバイクと山スキー道具を車に詰め込んで白峰に向かった。
スタート予定は午前1時だったが、駐車スペースを探すのに時間がかかり
午前1時30分過ぎとなる。空には天の川と夏の星座が鮮やかに見えた。

P4130006  

ザックにストックとスキーを括り付けてゲートをくぐる。
すでに車が数台留められ、先行者がいるようだ。
ゲートから暫くは緩い坂だが、すぐに重荷が腰に負担をかけた。
また、ペダルにトウクリップを付けてきたが、
これが全くの失敗であった。固い兼用靴では樹脂のトウクリップが湾曲して
うまく位置決め出来ない。また、暗い環境でペダルの爪を兼用靴で拾うのは
慣れが必要だ。ヒルクライムなのでスピードが遅くなると止まってしまう。
反省しても切りがないがなんとかペダルを回せるので、誤魔化して進む。
別当出合まで標高差600m。やがて勾配が急になってきた。

市ノ瀬に着くがまだ人気がしない。休憩して自転車を進める。
昔は真っ赤だった鉄橋を渡りヘアピンカーブにかかる。
急勾配で腰が悲鳴を上がる。少し上がっては足を着く。
標高を上げると雪が繋がり始める。
仕舞いには股も居たくなる。固いサドルと慣れない過重が原因だ。
なんとか別当出合に到着。すでに5台ほど自転車が留めてある。
休憩所で一息入れて登山開始。まだ空は暗い。

P4130015

鳥居をくぐり吊り橋を渡る。天板がかかっていたが向う岸の方がまだであった。
両方のワイヤーを握りながら緊張しながら慎重に進む。
吊り橋を渡ると雪の世界が広がる。明瞭なトレースを追って歩き出す。
すぐに急登が始まり、暫く登ると岩の登山道が露出していた。
ここも慎重にこなして乗り切ると平坦地に登り上げる。
ここでスキーをはく。周囲はブナの木々が広がる。
固い雪に薄くパウダーが載っていて、前日も降雪があったようだ。
シールをきかせて標高を稼ぐが、下が固いので早めにクトーを付けた。
やがて林道に出ると右手に別当谷がみえるはず。
林道を進むと広い原野に出てくる。スキーで滑れば最高だろう。
来てよかったと感じた。
先行者のトレースを追いながら標高を稼ぐと、やがて空が明るくなってきた。
広葉樹は針葉樹に変わてきた。とりあえず甚之助避難小屋を目指す。

P4130051

西の方の山々が赤くなり、展望も広がってきた。特に、西方に福井市の
市街を眺められた。
甚之助避難小屋は屋根が少し出ている程度。雪が多い証拠。
写真を撮り先に進む。
エコーライン分岐で右に折れるつもりだったが、甚之助避難小屋の上部の平原は
固い雪が中心。上にいくとさらに勾配が増してきた。切り返しなど危険と判断し、
どうするか考えた。先行者のトレースは、甚之助避難小屋辺りから右の稜線に入っていた。
アイゼンの登山者のトレースは真っすぐ登っていた。
固い斜面はこなしきれないと判断し、一旦下り、先行者の山スキーのトレースを追う。
滑走モードにして甚之助避難小屋まで下る。
その後、シールとクトーをセットして東側の稜線をトラバース気味に登る。
実際には氷が露出していたので慎重に突破。
稜線に乗り上げる最後の一歩が急な氷斜面で手こずった。

P4130069

この辺からは別山の稜線が素晴らしい眺めだ。
やがて、エコーライン、南竜山荘など見え、遠く御岳、乗鞍も姿を現す。
日光が当たり氷がザラメになりだす。
ここから稜線を詰めると弥陀ヶ原だ。
向かって右手、東側には木々が一つない斜面となる。
今日は会社行事が晩にあるので、午前10時をリミットにした。
稜線を詰めると再び氷の斜面が多くなってきた。
遠く御前峰が見えだしたところで標高2250mの小さな丘があり、ここまでとした。
あと少し進めば弥陀ヶ原だが、仕方ない。

P4130096

この日は山岳会の先輩パーティーが東面台地から登り上げる計画も
あったが、戻ることしよう。

水分と栄養補給をして滑りだす。
まずは甚之助避難小屋を目指す。稜線から避難小屋上部の平原に出るための入口を目指す。
GPSで慎重にポイント確認。
その地点から林間のパウダーだが急斜面でまだ固い斜面も出てくるので
横滑りでゆっくり標高を落とす。目標の平原が見えてくるとトラバース気味に斜滑降で
滑る。エコーラインの分岐点辺りに出てきたら甚之助避難小屋が真下に小さく見える。
さっきの苦戦させられた斜面を下る。固いところもあるがゆっくり滑れば問題なし。
プチパウダーもあってすぐに甚之助避難小屋に到着。
山スキーヤー一名と少し話して情報交換。

P4130060   

この辺から固い雪が緩み始め、快適な林間スキーを楽しんだ。
時々、写真を撮ったり、GPSで位置確認しながら登りのトレースを外さないように心掛けた。
林道まで実に快適。この辺で2名のスキーヤーが抜いて行った。
地獄軍団の2名であった。

P4130116

林道辺りから雪が腐り始め、板が曲がらなくなった。
さらに、ブナの木々がエリアを狭めたので、ゆっくりと進む。GPSで方向確認しながら下る。
暑くなってきた。スキーを履いた地点に戻り、ここで脱ぐことにした。
ザックに縛り、ツボ足で急坂を下る。初めての体験で慣れるのに時間がかかる。
とにかく慎重に下る。スキーの先端が雪面に接触することがあり、気を付けながら歩く。
吊り橋の走行は安定してスムーズであった。

P4130126

別当出合で休憩、水分補給してマウンテンバイクにまたがる。
下りはあっという間であった。風でスキーが煽られバランスが取れないときがあった。
タイヤのリム鳴りがひどく、帰ってから対策しよう。股も痛い。何とかしなければ。

P4130133

風嵐ゲートに無事到着。ピークに届かなかったが、スキーの機動力を体感でき、
満足の山行であった。


ヤマレコ) https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1792556.html

食料)
ポカリスエット 500ml
ゼリー 3個
おにぎり 1個
粒クリームパン 2個
ホットコーヒー  300ml
水 300ml

MTB チタンクイックレバー

今回は気軽にでき確実な軽量化(チタン製のクイックレバー交換)

重量は、約63g。

P5040002
MTB用なのでリアのシャフトは130㎜で長い。

P5040003
レバーの部分がしっかりしているので、使用時にありがたい。
その分、重量が60g台。

P5040004
反対側は通常品よりも小さめ。
締込み不足に注意。

MTB チューブレスレディ 空気漏れ対策

今回もMTBのネタ。 

MTBのチューブレスにした前輪から少しずつ空気が漏れるようになったので、
シーラントを注入する専用注射器を買った。

P3170006
(シーラントと注射器)

 この注射器を利用して50mlほど注入したが、シーラントが楽に入って驚いた。
前回、チューブレスタイヤを外してシーラントを補充したときの労力に比べて雲泥の差
であった。

P3170008
(注射器をフレンチバルブにセット)


P3170010
(シーラント注入開始 30ml)


P3170011
(注射器のシリンダを押し込む)

P3170012
(作業完了 あっという間に終わってしまった)

注入後は注射器をきれいに洗えば、また使えるのでありがたい。
 後からネットで調べると、ダイソーの100円注射器も利用できるようだが
後の祭りだった。

 後日、自転車屋さんに確認したら、三ヵ月に一度、シーラントを注入するとアドバイ
スされた。
 パンクを防ぐためにはシーラントが固まってしまっては遅いとの事。
 自分の使用頻度で見れば、大きなツーリング前に入れればいいようである。 

 

MTBのハンドルにGPSホルダーを取り付けてみた。

ロードレーサーではハンドルにGPSホルダーを付けて利用している。
MTBも同じ環境にするため、ホルダーを取り寄せた。
P3170001
GPSホルター(ガーミン純正)

P3170002
中身は、ホルダーとインシュロック

P3170003
ハンドルにホルダーを固定

P4070113
GPSを付けてみた。

これで、走りながら、地図や走行距離、スピードをモニターできる
(スピードメーターのホルダーとセンサーを外してすっきりした)。

MTB フロントシングル化(シマノ XT)

人形山登山のアプローチでマウンテンバイクを利用してから
来シーズンまで実戦は無いだろうと思い、
まず、前々から考えていたマウンテンバイクのフロントシングル化を、
いつもお世話になっているローマンさんにお願いした。

Pb120204
改造前の姿:フロントはトリプル

Pc230099
フロントシングル改造後:陰で分かりにくいが

ちょうど、この秋にシマノのMTBコンポーネントのXTシリーズがフルモデルチェンジし
たので、このシリーズからチョイスすることにした。

フロントシングル化とは、通常、フロントギアはトリプルだが、
これをシングルギアに置き換え、操作性を単純化するアイデアで、
同時にリアのギアを大型化して不足するギア比をカバーする。

Pc230088
フロントのシングルギア 中心軸は中空

Pc230091
リアディレイラー ダートでの歯飛びを防ぐため
クラッチ機構装備(まだ未使用)

Pc230093
リアのローギアは円盤のようだ。

後ろの内側のローギアが大型化して重量増となるが、フロントギアが一枚になる。
フロント変速機、変速ワイヤー、操作レバーが不要になる等により、トータルで軽量化
に繋がる(後ろのギア数8T→11Tへ拡張)。

交換する部品は、クランク、ギア(前後)、ボトムブラケット、リア変速機、チェーン
、変速レバー、変速ワイヤーと多数に及ぶ。

Pc230095
右ブレーキと変速レバー

Pc230096
左はブレーキレバーだけでシンプル

感覚的には、勾配が変動してもギアの選択に迷う必要がなくなり、操作がスマートにな
る。
チェーンの脱落については、リア変速機のアームにクラッチが付いたり、専用チェーン
によりかなり対策は考えられているようだ。
BBをセラミックベアリングにしたかったが、駆動系を一新するので、今回は純正品を採用。

ホイールのチューブレス化、ハブのセラミックベアリング化、フロントシングル化で
一年前とは別物になってしまったようだ。

次はロードレーサーの改造に着手。
内容は、また、次回‥‥‥。

カセットスプロケット交換

MTB カセットスプロケット交換 

通販サイトに8Sで170g台のカセットスプロケット(12-28T)が出品されていた。
メーカー不明だったが未使用と重量が魅力だったので買うことにした。
実物の外観は問題なし、手に取った感覚はやはり軽い。
走行距離が多くないのでこれで十分だろう。

重量計測は次の通り。

現行品)264g

P2110011
 
新規品)174g

P2110006

90gの軽量化。この差は麻薬だ。

早速、後輪に取り付けて試走して変速性能を確認したが
特に異常は認められない。

元のスプロケットの内側にスペーサ1枚セットされていたので
そのまま流用した。
P2110016

チューブレスホイールに新しいスプロケットを取り付け
P2110017

シマノ Vブレーキブースター SM-V950

シマノ Vブレーキブースター SM-V950

タイヤのチューブレスのつぎの改造に取り掛かった。

P1260004

カンティブレーキからVブレーキに移行してブレーキの制動力が強くなった。
これは逆にブレーキの台座を広げる(フレームが曲がる)弊害を招いた。
ブレーキブースターはブレーキの台座位置を固定するための道具だ。
すでに流行りはディスクブレーキなのでVブレーキも一昔前のモノとなりつつあり、
ブレーキブースター SM-V950も中古品でないと手に入らない。

現在使っているブースターはOGKの金属製の部品だが、
カーボン製のSM-V950に興味があり、
軽量化も狙って取り寄せることにした。

SM-V950)
P1260006

OGKの製品)
P1260007

早速、重量計測。
現行品: 72 g
SM-V950: 67 g

5gの軽量化。

たったこれだけの重量差だが無視してしまうと次のアクションの意義が無くなる。
改造はやる気があるうちに行ってしまうのがベスト。
OGK製品はフルサスのMTBに移植して使う事にしよう。

P2150026

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ